歯科治療について | 虫歯治療・歯周病治療・補綴処置

歯科治療

治療内容・方針を分かりやすく説明し、患者さんの立場にたった最適な治療を行います。

虫歯治療

診療ユニットと説明用モニタ

虫歯に対する考え方は、以前と比べてかなり変化してきています。まず、虫歯は細菌感染症であることを強く認識する必要があります。感染部である「軟化象牙質」は除去しますが、すべての感染象牙質を除去しなければならないとは考えられていません。それは、「自己免疫能力で回復できるものは、その能力を促す処置が大切である」という考えによります。


もう少し具体的に言うと、感染象牙質のなかに軟化象牙質とそうでないものとがあり、感染しているからといって、軟化していない象牙質を大量に除去することは、治療の第一選択肢ではないと現在では考えられています。


感染象牙質でも確実に軟化してしまっていない象牙質ならば、抗菌剤などを巧みに使用することで、象牙彩管内の細菌の殺菌または寡菌状態を作り出し、二次象牙質の製作を促します。

歯周病治療

歯周病が進行した状態

患者さんごとの歯周病の実態を明確にするために、綿密な診査を行います。プラークの付着、ポケットの深さ、歯槽骨の吸収程度、歯の動揺、歯肉の炎症状態などを診査し、それをもとに治療計画をたてます。その後、処置内容を具体的にお話しし、十分に理解いただいたうえで治療を行います。

スケーリング

歯周病の初期治療としてのスケーリングでは、歯肉縁上の歯石除去を行います。除去後は研磨作業を行い、プラーク(歯垢)が付きにくくします。

ルートプレーニング

歯肉縁下の歯石除去を行う治療です。鋭利なキュレッターを丁寧に使用して根面を滑沢にします。

咬合調整

どんなに綺麗に歯石を除去しても歯周組織の炎症症状が解消しないことがあります。その際は、咬合(噛み合わせ)の調和が図られているかをチェックする必要があります。

補綴処置

歯冠補綴

ブリッジ

補綴(ほてつ)処置とは、歯冠の崩壊が激しいため、咀嚼機能を回復できるように、歯のかぶせ物や詰め物、義歯などを装着する処置のことです。


ここでは、歯冠補綴処置とブリッジ(欠損補綴)の処置を紹介します。義歯・入れ歯はこちらをご覧ください。

歯冠補綴処置

歯冠形成、形成面研磨、人口エナメルの形成、歯型の採取を行い、患者さんに最適なかぶせ物、詰め物を製作し装着します。最後に咬合調整を行います。

ブリッジ(欠損補綴)

基本的に歯冠補綴物の延長が欠損補綴物です。しかし、1歯1歯の咬合負担能力は限られているため、単純に考えて1歯欠損ならば支台歯には、1.5倍の力が加わることになります。そのオーバーロードを咬合接触点数やその面積、咬合面の頬舌径の幅を考慮して調整することで、正常に機能させます。

●訪問診療について

細見デンタルクリニックでは、下記エリアを対象に訪問診療を行っています。詳細はお電話(03-3397-0663)にてお問合わせください。

【訪問診療対応エリア】 東京・埼玉・千葉・神奈川

衛生管理への取り組み

ラバーダム

ラバーダムとは、患歯に装着するゴムのコートのようなものです。治療中に、その他の場所へ細菌が進入するのを防ぐために非常に重要であるとともに、薬液から粘膜を保護したり、リーマー、ファイルの誤飲・誤嚥防止にも役立ちます。


口腔外バキューム

口腔外バキュームは、治療中に発生する歯の削りカス、唾液、金属片などのさまざまな細菌汚染物質を捕集します。院内の衛生管理に役立つクリーンシステムの1つです。


オートクレープ

オートクレーブとは高圧蒸気滅菌器のことで、スケーラーなどの各種治療器具を高圧、高温にて滅菌処理します。


手術用空気清浄ユニット

天井設置型の手術用空気清浄ユニットです。歯周病治療などで手術が必要な際に、スイッチひとつで瞬間的に清潔で安全な手術室を作り出します。

ページの先頭へ