入れ歯・義歯の重要性 | 杉並区上井草の歯科医院・歯医者

入れ歯・義歯の重要性

入れ歯との付き合いは、「入れる」と決めたときからはじまります。

入れ歯・義歯を入れる前に

自分の歯を失って、入れ歯(義歯)を入れることになったとき、だれもがちょっとした不安感をもつのではないでしょうか。とくに身近な人から入れ歯が合わなくて困っているという悩みを聞いたりすると、なおさら不安もつのるでしょう。


でも、ご安心ください。入れ歯についての正しい知識をもち、上手に使いこなそうという意欲があれば、入れ歯は必ず失った歯のかわりになって、十分に役目を果たしてくれるようになります。


また、歯科医院で入れ歯を作って口に入れたら、それで治療がおしまいではありません。実は、入れ歯や歯科医院とのお付き合いは、あなたが「入れ歯を入れよう」と決心したときからはじまり、その後、長い人生を通して、ずっと続くことになります。


細見デンタルクリニックでは、入れ歯に関する不安や悩みを解消し、「快適な入れ歯生活」を送っていただくための十分なカウンセリング、治療、定期検診を行っています。当クリニックが、患者さんの「健康長寿」のお役にたてることを心から願っています。

入れ歯が必要になるのはこんな場合

前歯や奥歯がそれぞれ3本以上抜けてしまったら/前歯が抜けたり小臼歯が2本抜けてしまったら/歯が全部抜けてしまったら

入れ歯を入れないままでいると起こる問題

歯をなくした後に入れ歯を入れないままでいると、次のような病気や障害につながる可能性があります。入れる入れないは、患者さんの判断ですが、まずは私たち歯科医師にご相談ください。

  • 食べ物がはさまりやすくなり、残った歯が虫歯になりやすくなる
  • 食べ物が口からこぼれて、食事の楽しみが半減する
  • 歯並びや噛み合わせに影響が出て、歯周病や顎関節症の原因になる
  • 上手に噛めないことで消化不良をおこす
  • 口の中が汚れやすくなる
  • 歯が抜けていると、見た目にも印象が悪くなる

ページの先頭へ