入れ歯の製作に妥協は禁物。納得がいくまで歯科医師に相談しましょう。

入れ歯ができるまで

総入れ歯、部分入れ歯の完成までの流れ

入れ歯を入れる前に、歯科医師に質問したい項目

自分の歯や口の中が、今どういう状態になっているか

入れ歯を作る前に、歯の治療が必要かどうかを確認しましょう。

入れ歯を入れると、今より快適になるか

どんなに優れた入れ歯でも、自分の歯とまったく同じというわけにはいかないので、入れるのはそれなりの覚悟が必要です。自分の歯を1本でも残しておくことで、「噛んだ」という感覚が得られることを忘れないでください。

自分には、どんな種類の入れ歯が必要なのか

入れ歯の種類を選ぶ場合は、それぞれの入れ歯の特徴をよく確認しましょう。

入れ歯を作るのに、どのくらい費用がかかるのか

保険の入れ歯と自費の入れ歯との違いや、作るための費用を確認しましょう。

入れ歯ができあがるまでに、どのくらい日数が必要なのか

作るのに日数がかかるのは当然ですので、逆に1~2日でできると言われたら、その理由を聞いたうえで、別の歯科医師にも相談してみることをおすすめします。

できあがりまでに不便を感じるようであれば、レジン(プラスチック)製の仮の入れ歯を作ってもらいましょう。仮の入れ歯は、治療期間中の噛み合わせの変化を防ぐためにも役立ちます。

入れ歯の定期検診

体調が変化するように、口のなかの状態もつねに変化しています。入れ歯を長持ちさせ、気持ちよく使い続けるこには、定期的に診察を受け、きちんと調整することがとても大切です。


入れ歯の調子が悪いときはもちろんですが、調子がよいときでも3~6か月に1度は受診して、入れ歯の具合をチェックしてください。入れ歯の具合が悪くなるのには、さまざまな原因がからみあっていることが多く、悪いときだけを見たのでは、すぐにその原因がわからない場合があります。原因の究明や処置に時間がかかってしまったとき、一番大変なのは「あなた自身」です。


細見デンタルクリニックは、患者さんの疑問や要望に誠実に応え、納得できるまで入れ歯を調整します。歯科医師、スタッフともに、いつも患者さんの「入れ歯生活」を応援します。

03-3397-0663 page top